乾燥肌に良い温泉と良くない温泉

温泉というと肌の健康にも良さそうな感じがしますが、乾燥肌の場合、気を付けないと逆効果になることがあります。
おすすめの温泉と乾燥肌に悪い温泉をご紹介しますので参考にしてください。

 

 

おすすめの温泉

塩化物泉:塩分が多い温泉で、塩分により保温効果が期待できるため、肌の乾燥を防ぎます。
海から近い温泉などは、塩化物泉が多いのでおすすめです。

 

硫酸塩泉:硫酸塩泉は、古くから湯治の湯や美人の湯と呼ばれている所に多く、皮膚病を始め、やけどや切り傷にも良い湯だと言われる事が多いです。

 

単純泉:単純泉はいわゆる中性のお湯なので、どんな肌の方でも入れておすすめです。

 

乾燥肌に悪い温泉

硫黄泉:特に湯の花など硫黄の固まりが見られるような硫黄泉に乾燥肌の方が入ると、肌がかゆくなったりチクチクと刺激を感じる事があります。
肌の黒ずみ改善に硫黄泉は良いと言われていますが、乾燥肌には刺激が強すぎるのです。

 

酸性泉:その名の通り酸性の温泉になります。
肌が丈夫な人なら問題ありませんが、乾燥肌の方が酸性泉に入ると肌トラブルを起こす事もあります。
乾燥肌の症状がさらにすすんでしまう事もありますので気を付けましょう。
乾燥肌の方は、酸性泉の入浴は控えた方が無難です。

 

鉄泉:鉄泉も乾燥肌の方は入らない方が良いでしょう。
入るだけで刺激が強くて長くは入っていられません。
肌に刺激を感じる温泉は、基本的に肌に合わないと思って避けてください。

 

上記のように温泉の成分によって、乾燥肌に効果のあるものとそうでないものとがあります。
お肌のケアのためにチョイスする温泉については成分を確認して効果のあるものを知っておきましょう。

 

【乾燥肌に良い化粧品】カサつく肌に効く化粧品はこれ!トップページへ戻る